Chromeのエクステンション”FireMobileSimulator”をインストールして、User-agentを偽造すれば、
サイトによっては(※注1)スマートフォンサイトを閲覧可能になるよ、というお話。

インストール方法はちょー簡単。
Chromeウェブストアにアクセスして、画面右上の”CHROMEに追加”ボタンをクリックするだけ。

FireMobileSimulator

インストールすると、Chromeのアドレスバーの右側にアイコンが出てくるので、そのアイコンをクリックしてリストから端末を選択。

FireMobileSimulator

チェックしたいページを表示させれば、以下のようにスマートフォンサイトが見れます。

FireMobileSimulator

終了するときは、再度アイコンをクリックして、”端末選択解除”をクリックすればOK。

その他”オプション設定”で端末毎に解像度などの設定ができて、”最新端末リストから端末を追加”で端末の追加が可能。

(※注1)
yahooやGoogleなんかは↓のように見れます。htmlやcss、cookieなんかは見れるけど、ちゃんとしたデザインの確認には使えなそう。

FireMobileSimulator

GREEやMobageなどのブラウザゲームは、OAuth認証で偽造を防いでいるっぽい。
それでもググるとあの手この手でやり方があるみたいだけど、利用は自己責任で。

Related posts:

  1. これは便利!!cookieを操作/監視するプラグイン※Chrome,Firefox編
  2. Google AdWordsのお試し無料券を使ってみた。
  3. 続・Google Mapの有料化とその後。そしてAppleのiOS6の新しい地図がスゴそうな件。
  4. Google Mapの有料化とその後。そしてAppleのiOS6の新しい地図がスゴそうな件。
  5. WordPress Google Maps Anywhereプラグインで、携帯表示のサイズを指定する方法