KDDIが2011年10月1日からauスマートフォンの通信速度制御を開始する記事が。

NTTドコモ、ソフトバンクモバイルでは、既にスマートフォンの通信制限を導入しているため、大手3キャリアで行うことになりました。

で、具体的にどんだけ通信すると、どんな規制がかかるか?

比較記事に載っている通り各キャリア様々で、簡単に纏めてしまうと、

・4分間の楽曲を90曲ダウンロードする程度の通信量が該当。
・対象回線は3G。Wi-Fiは対象外。
・規制がかかっても、通信が一切できなくなる訳ではない。

まー、使い方によるけども、
この規制に関しては、個人よりも企業に影響が大きいんじゃないかなーと思います。

Webサイトやアプリを運営する企業やテストを専門に行うデバック企業で、
「繋がり難いんだけど!」とか「サーバー落ちてんじゃないの!」とか、
ユーザーから問い合わせが入って、調査/対応するコストがかかったり、

テスト端末の通信料が上限に達して、「テストできません!」とか、
「サイト(アプリ)のバグじゃないですか!」とか、報告が上がってきて、
新規端末の購入費用がかかったり。

ただ、通信量が通常携帯電話(ガラケー)の10~20倍といわれているスマートフォンは、
現時点で人が多い場所だと通信速度が遅くなるなどの課題があり、
各キャリアとも、スマートフォンの影響でインフラ設備を増強せざるを得ないのは明らか。

近い将来パケット通信料に関して、定額で使い放題の「定額制」から、
使った分だけ料金が発生する「従量課金制」へ切り替わるんじゃないでしょうか。

Related posts:

  1. iPhoneアプリを開発して思ったこと。
  2. スマートフォンのセキュリティ対策まとめ。
  3. 東日本最速スマートフォン!!
  4. プロ野球ファン必見!!試合速報Androidアプリ
  5. Xperia arc キャッシュクリア,ベンチマーク計測方法