相変わらずバタバタ開発してたけど、気づいた点を覚書き。

■端末選定や端末のクセを押さえる

・iPadやAndroidの古いOSver、タブレット端末は含めるか等、スコープとする端末をまず明確に。
・Androidで、画面サイズを正しく取得できない機種があるので、画面サイズで処理を振り分ける場合は要注意。
・Androidで、凝ったJavascriptのアニメーションが端末によって動かなかったりする。

■他デバイスと差別化をする

・PCサイト、Android/iPhoneアプリなどから横展開をする場合、まったく同じ機能、構成にする必要は無い。
・スマホ最適化サイトを誰が使うのか、利用シーン、どういったサイトにするのかをしっかり整理してから作るべき。
・画像は少なめでシンプルに。PCサイトのような感じで、画像をガツガツ使った
ページデザインにすると、3G回線だとページ読み込みが遅くなってしまい、使い勝手が損なわれる。

■セキュリティはPCサイトと同様に

・ガラケーとは違い、アクセスしてくるIPアドレスは無数にあり、ブラウザでCookieも使えるので、
普通のPCサイトと同じ考えでセキュリティを考慮する必要がある。

■SEO(クローラー)対策

・Googleでは、今のところスマートフォンやタブレット端末用のインデックス(検索エンジン)は
提供されていない。(ただ、UAをiPhoneに偽造したGooglebot-Mobileは巡回しているみたい。)

■プログラムソースに関して

・Android/iPhoneで同一ソースが可能。
ただし、Android/iPhonいずれかだけ手を入れる可能性があったり、今後どんな端末が出てくるか解らないので、Android/iPhoneで分離しておいた方が良い。
また何か出てきたら追記しようと思います。

Related posts:

  1. スマートフォンのセキュリティ対策まとめ。
  2. Androidアプリを開発して思ったこと。
  3. プロ野球ファン必見!!試合速報Androidアプリ
  4. iPhoneアプリを開発して思ったこと。
  5. 東日本最速スマートフォン!!