今週話題になった、YahooID,パスワードが大量流出で不正ログイン発生!!の件について。

自分のログイン履歴を見たら、某アメリカという国から、ログインされた形跡が。
yahoo

このIPを調べると、アメリカのシアトルとかいう都市に存在していて、ドメインの amazonaws.com は、「Amazon Web Service」と言う、amazonが提供している、amazonのプラットフォームを開放しているサービスのドメインでした。いわゆるクラウドコンピューティングってやつ。

つまり、amazonのクラウドを利用している、何らかのWebサービスが自分のYahoo!メールにログインした形跡があったってこと。

肝心な「それが不正ログインなのかどうか?」については、イマイチ良く解らないです。

Yahoo! JAPANが公式発表しているように、
Yahoo以外の外部サービス(例えばFacebookとか)から、YahooのID,パスワードを入力して認証した場合はログイン履歴に残るし、その外部サービスが海外のサーバーを使っていれば、ログイン履歴には海外って出るし。

自分もアメリカという国からメールにログインされてた日時に、何をしてたかなんて覚えておりません。

結局、ごくごく基本的な話になっちゃうけど、Webサービスのパスワードはこまめに変えてこーぜ!っていう結論ですかねー

ちなみに、パスワード管理ソフトは、ID Manager使ってます。

Related posts:

  1. Oracle改行コードを含むレコード検索