Facebook向けのOGP(Open Graph Protocol)の設定が超重要です。やらなきゃソンです。
的な記事があったので、”WP-OGP”というプラグインをインストール。ついでにソーシャルブックマークのプラグインもインストール。

そもそもOGPってなに!?っていうと、
「このウェブページは何のことを書いているか」という情報を、プログラムから読める形で HTML のmeta要素として記述する方法のこと。

で、OGPを設定しておくと、Facebookに対してこんなメリットがあるとのこと。

(1)「いいね!」した情報がfacebookの友達のニュースフィードに表示される。
(2) ニュースフィードに表示される際の内容を指定できる。
(3) 「いいね!」してくれたユーザーにアップデート情報が送れる。

以下Facebook側の設定。

(1)developersサイトから、アプリを作成
(2)OGPを設置したサイト名・URLを入力
(3)作成完了画面で、「アプリID」をメモ
(4)ユーザーID取得画面にアクセスし、「ユーザーID」をメモ

以下WordPress側の設定。

(1)プラグイン「WP-OGP」をインストールし、有効化
(2)メニュー→設定→WP-OGPから、”fb:appid”(アプリID)と”fb:admins”(ユーザーID)を入力
(3)使っているテーマの”header.php”のhtml開始タグに以下の記述を追加。

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xmlns:og="http://ogp.me/ns#"xmlns:fb=”http://www.facebook.com/2008/fbml”>

キチンとOGPが設定されたかどうかは、URLリンターで調べることが可能。

以下の記事が大変参考になりました。

<遂に公開>SEOの2倍のアクセスを稼ぐFacebook活用術。
フェイスブック、ミクシィ、グリーで使われている OGP (Open Graph Protocol) とは何か – IT戦記
OGP(Open Graph Protocol)設定をちょっとだけ学んで、facebook向けに実装はWordPressのプラグイン「WP-OGP」を使ってみた
【5分】Facebook向けにOGPをセットアップする方法 (※Wordpress プラグイン)

フェイスブック、ミクシィ、グリーで使われている OGP (Open Graph Protocol) とは何か - IT戦記

Related posts:

  1. WordPress Twitter連携 プラグインなど
  2. 必ず押さえておくべき WordPressとFacebookの連携方法
  3. WordPress WP Super Cacheプラグインを入れてみた。
  4. ペニーオークションの記事を最近良く見かける件。
  5. WordPress Google Maps Anywhereプラグインで、携帯表示のサイズを指定する方法