techdoll.jpさんの記事から。

モバイルアプリ解析ツールのLocalyticsが行った調査(日本限定ではない)によると、

Twitter連携のアプリがFacebook連携アプリの3倍の共有量があったとのこと。

共有量とは、アプリから”Tweet”、”いいね!”された後に、どれだか拡散されたかだと思う
(たぶん。)

Localytics

ただ、ソーシャルネットワーク連携としてはFacebookの方が人気が高く、

Facebook,Twitterいずれかと連携→20%

Facebookのみ連携→10%

Twitterのみ連携→1%

両方とも連携→9%

という結果が。

Facebook,TwitterともにAPIが公開されているので、アプリにSNS連携機能を埋め込む場合は、

「いいね!」ボタンだけじゃなくて、「Tweet」ボタンも忘れずに付けましょう。

Related posts:

  1. 必ず押さえておくべき WordPressとFacebookの連携方法
  2. 超便利なプラグイン Facebook向けにOGPを設定する”WP-OGP”
  3. WordPress Twitter連携 プラグインなど
  4. スマートフォン最適化サイトを開発して思ったこと。
  5. 東日本最速スマートフォン!!