スマートフォンの動きが遅い!もっさりしてきた!って時に、
一番手っ取り早い対処が、端末の再起動。AndroidでもiPhoneでも同じ。

AndroidOSもiOSもマルチタスクで、並行して複数のプログラムが動くことで、
同時にいろいろな処理ができる。その反面、メモリが足りなくなって処理が重くなることがある。

一発再起動することで、タスク終了、メモリ解放、キャッシュクリアをしてくれるんで、
ヒマなときに再起動しましょう。特に古めのAndroid端末は1日1回やった方が良いと思う。

で、1週間ほど再起動してないiPhoneとAndroidで、再起動前後のベンチマークを比較してみた。
使ったアプリは「PerformanceTest Mobile」
Android:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.passmark.pt_mobile
iPhone:https://itunes.apple.com/jp/app/performancetest-mobile/id494438360

CPU(演算処理,圧縮,暗号化)・ディスク(ストレージへの読み書き)・メモリ(RAMへの読み書き)の
パフォーマンスを計測。

■Android(Xperia arc)
再起動前→CPU:1307、メモリ:1723
再起動後→CPU:1346、メモリ:1749
※ディスクはなぜか計測不可

【再起動前】
PerformanceTest Mobile
PerformanceTest Mobile

【再起動後】
PerformanceTest Mobile
PerformanceTest Mobile

■iPhone(iPhone4S)
再起動前→CPU:9076、ディスク:3872、メモリ:1813
再起動後→CPU:9072、ディスク:6372、メモリ:2150

【再起動前】
PerformanceTest Mobile
PerformanceTest Mobile

【再起動後】
PerformanceTest Mobile
PerformanceTest Mobile

結果、iPhone4SのCPU以外は再起動後に数値が向上。
再起動で端末のスペックがあがることは物理的にないので、
ずーっと再起動せずに使い続けると、端末のパフォーマンスは低下していくってことなんだと思う。

Related posts:

  1. Android,iPhoneを失くしちゃった時のために、入れておきたいアプリ
  2. 東日本最速スマートフォン!!
  3. Googleに正しくスマートフォンサイトを認識してもらうための6つのポイント
  4. スマートフォンのセキュリティ対策まとめ。
  5. スマートフォン最適化サイトを開発して思ったこと。